スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンナから芽が 続き

カンナから芽が出た話は前回しましたが、とっちゃんさんから言われて思い出しました。

あります。反り台カンナに取っ手の生えたやつが。

昔懐かしい本を引っ張り出しました。
木工を始めた当初、繰り返し読んだものです。
110729_210723.jpg
教科書とは違ったアプローチで道具の仕立てをしています。
著者 秋岡芳夫は大工でも家具職人でもないので、じぶんなりの工夫がが面白いです。厚板ガラスを使った下端の調整などがそうですね。

私は『合理的』ということを頭において作業していますが、最初は秋岡さんから学んだものかもしれません。


飽かず何度も眺めた写真
110729_210704_20110729211054.jpg
カンナもノミもノコギリもたくさん集めたい、それで丁寧に手入れして……などと夢想していました。
思えば遠くに来てしまいました。
いまじゃ手入れなどめったにしない。
品物をよりよく作ることだけでへとへとですから、趣味的な手入れなどやってられません。



さて本題、こちらでした。
やはり秋岡さんの著書。(監修になってますが)
110729_210645.jpg
こちらはとっつきにくい古臭い印象の本。
でも丁寧によんでいくと、拾えるものもあります。


反り台カンナに握りが付いています。
110729_210619.jpg
小さな反り台は掴むところがなくて往生します。今度やろっと。
(どこかで写真も見たはずですが、探せませんでした。)

思うに、カンナという道具は完成され洗練されすぎているから、手を加えることに躊躇してしまうのかも知れませんね。でも、ほんとに楽になりますよ。皆様もカンナに芽を生やしてくださいませませ。


スポンサーサイト
カレンダー+最終更新日
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

桑原

Author:桑原

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。