スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トタン加工

薪ストーブを頂いたのです。
ところが煙突のサイズがこれまでのものより大きいものだから、どうしたものかとしばらく思案してました。
アダプターも市販されているのですが、6000円くらいしてびっくり。(太い煙突に総とっかえするのもそれなりにお金が出ていく。いずれはそうしてもいいが、段々レベルを上げるのが私の好み。宝の山にパラシュートで降りちゃったらつまんないよね。)

『じゃ、自分で作ってみよう』

今回はそのアダプターの自作のお話です。
大きい方(ストーブの排出口)に巻きつけます。上を絞って、ひもクランプで押さえています。木工の道具も活用。
151202_095427.jpg

細い方(これまでの煙突)をかぶせてみる。まあこんなところでしょう。現物あわせですよ、こういう時は。
151202_095437.jpg

墨を取り、折り代を残して切ります。
151202_095905.jpg

とりあえず直角に叩いて
151202_101020.jpg

折り返します。
151202_101123.jpg

両方折り返したところ。
151202_102151.jpg

合体。この後さらに叩いたのでもう一段密着した。
151202_102220.jpg

テーパ―状の煙突の完成。途中の墨が残ってます。
151202_102224.jpg

このようなトタン板加工のやり方は、小学生のころおばあちゃんの家にあった日曜大工の本に書いてあったもの。図などもぼんやりと思いだせる。今も覚えていてこうして役に立つのだから、子供の記憶はすごい。

ちなみにおばあちゃんはベッドを手作りしたり、テレビのブラウン管部分を廃棄してその部分に棚を作ったりしていた。日曜大工としては相当な腕前。
私がこうして家具なぞ作って生計を立てているのは、おばあちゃんの影響なのだろう。

コメント

非公開コメント

No title

昔、やったことって結構覚えてるね。
でも、ばあちゃんもDIY好きだったんだね。

No title

昔、やってないです。昔見ただけ。当時『やってみたい~』と思っていたのです。ばあちゃんはDIYって言葉がない時代ですが、電気は丸鋸ぐらいで何でも作ってた。
カレンダー+最終更新日
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

桑原

Author:桑原

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。