スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具以外の仕事

柱の下部に 幅木をまわす仕事。大きく面取りされているから難しい、と言うか煩雑。

柱を短く切ってしまい下部にみっともない部分ができてしまった。施主のクレームに対応できない大工さんが音をあげてこちらに廻ってきた。短く切ったのは私ではありませんよ。

残った柱材の木目の近い部分を選んで8つのパーツを切り出し整形。1つ1つがきっちり合わないと隙間ができる。真っ直ぐに見える部分も微妙に曲がっていたりする。
10399388_537618509739351_5913830750970319951_n.jpg

接着、整形、塗装で完成
1914955_537618489739353_373660850270607391_n.jpg

巾木っていうか腹巻ですね。まあまあまとまったと思います。
10342429_537618496406019_675342828691552985_n.jpg

こちらは焼物の蓋を製作。当然円弧は正確ではないので少しずつ削って合わせます。
11012353_538216299679572_6109115198182123218_n.jpg
これまた根気のしごと。

くしびきこしゃってプロジェクト

くしびきこしゃってプロジェクト  森と木の勉強会vol.4 
バターナイフ作りの講師
初めはナイフ使いになれない生徒さんたちもみるみる上手くなる。形を整えてサンドペーパーをかけて胡桃の油を塗り込んで完成!
皆様、ご苦労様でした。(作業中の写真は撮り忘れ。ごめん)
参加者もスタッフも明るく楽しいイベントです。お勧めですよ。
12814058_534982513336284_8306298047184273381_n.jpg

好きな材、好きな形を選んで作業に入ります。
10408675_534982600002942_2662377978039367441_n.jpg

参加者が完成させたバターナイフ。胡桃に胡桃油。
10373482_534982650002937_6894258622850903016_n.jpg


ワークショップ番外編。
参加者が帰った後にスタッフが我も我もとバターナイフ作り。
元気で楽しいスタッフさん達でした。
12821380_535042413330294_3274513154505955357_n.jpg

12814115_535042343330301_4614661126350169821_n.jpg

微力ながら

仙台の『ギャラリー拓坊』さんで続けている端材の売り上げに、私からもすこし足して振り込み。
復興支援としてSAVESENDAIに寄付させていただきました。ご協力下さった皆様ありがとうございました。
1934230_534128870088315_5986261499934392256_n.jpg

その『ギャラリー拓坊』さんに納めたカッティングボード
IMG_1178.jpg
2枚の在庫あると思います。

3月11日に

森達也の著作の一節。

授業の休憩時間に質問に来た学生に
「なぜ授業中に質問しない?」
「場の空気がありますから」

質問内容は、
〈なぜ原子力神話は受け入れられたのか?日本は唯一の被曝国でアレルギーがあった。資源のない国だと言うが、ウランは輸入しなければならない。国土は狭く地震は多発している。コストもトータルでは安くない。なのになぜ原子力神話は形成されたのでしょうか〉
というものであった。

森はこう返す。
「授業中に質問しないからだよ。
日本人は場の空気に合わせようとする。何かおかしくても誰も声にしない。だから、こんな事態になった」

考えさせられました。

森は学生を責めたのではない。安全神話が作られた時代に生まれていなかった学生に謝る。

そういえば

コーヒー牛乳のアイスってないことない?
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

桑原

Author:桑原

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。